tsugubooks

会社員が、週末本屋さん・tsugubooksをしてみたキロク。清澄白河と下北沢での本屋さん活動や、本の旅のことを。少しずつ整えていきます。

「“間借り本屋店主”になる」(第1期)のこと

吉祥寺・カフェトリエさんで開催していた、「“間借り本屋店主”になる」講座、第1期が終わりました。

 

 

6人の、間借り本屋仲間が、できました。

 

・・・・・・・・・

「講師」になりたかったわけじゃないし、
こういう講座に行かなくてもやりたい人はやればいいし、
この講座に行ったから本業界のことがよくわかる、ということも、ない。

 

ただただ、「やってみる」機会をつくりたかった。
「本のことをやりたい」と思っているけれど、何かがひっかかって一歩を踏み出せずにいる。そんな人に、今年何人も出会って。
一緒にやってみようよ、楽しいよ。そう言いたかった。

 

また、やってみると「あれっ思ってたのと違う」とかそういうこともあるし、まずはやってみる。
やってみたら感情が動くから、感じた気持ち(「あれっ実は本を売りたいわけじゃなく、本のある空間を作りたいのかも?」「書店で働きたいのかも?」とかそういうの)に向き合って、自分のやりたいように変えていけばいい。
文字情報で考えるのではなく、感情を感じきって動くほうがいい。
それをお伝えしたかった。

 

・・・・・・・・・

屋号を決める、選書テーマを考える、本を仕入れる、スリップをつくる、本を納品する。
そんなことを体験しながら、様々なことを感じ、考えた、受講生のみなさん。
最後の発表の時には、イイ顔してました◎

最終回では、具体的な質問・相談もありました。
「1日に1回はツイートしたほうが良いのではないかと思った。でもお店がないから、“開店しました”“閉店しました”ツイートができない。代わりにできることって何があるだろう?」
「そのショップカード、どういうふうに作ってるの?」

 

 

今後、間借り本屋がいやになったり、読書会のほうが好きと気づいたり、イベントをしたいと思ったり、いろんなことがあるだろう。
そしたら、その度に、新しいことにチャレンジしたり、やり方を見直したり、調整していけばいいのだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・
というわけで、2017/11/30から、5人の“間借り本屋”さんが加わりました。(おひとりは遅れて後から参戦予定)
+さりげなく、カフェトリエオーナーも参戦しています。

f:id:tsugubooks:20171202211848j:plain

 

 ぜひみなさま、遊びにいらしてください。

 

・・・・・・・・・・・・・・ 

帰り道、「この講座に参加してなければ、今も準備期間だったと思う。ずっと準備ばかりしていた。」というようなことを言ってくれた人がいた。

 

少しでも、動き出すきっかけになっているのならば、とても嬉しい。

 

 

「はじめる」と決めて、実際にはじめたのは、その人自身。
とってもかっこいいなぁと思った。

 

ページトップへ