tsugubooks

会社員が、本をお届けする活動・tsugubooksをやってみたキロク。東京での間借り本屋活動や、全国の本を追っかける本屋旅のことを。少しずつ整えていきます。

全部、ご一緒に。(『さいはての彼女』 原田マハ)

先日、Instagramを見ていたら、大好きな本と自分のカードが出てきた。

もともと相互フォローしていた方が、Readin' Writin'さんの本棚で、見つけてくれたそう。

出会ってくださったこと、購入して読んでみてくださること、とても嬉しい。

 

 

 

Facebookページを始めた時の初投稿には、この本の一節を書いた。 

 

 

こんにちは、tsugubooksです。
普通初めはごあいさつなのかもしれませんが、大好きな原田マハさんの本の一節があるので、ご紹介させていただきます。

“…この風景の中で、おしゃべりしましょう。おいしいものを食べて、ゆっくりお湯につかりましょう。たくさん笑いましょう。全部、ご一緒に。”
ー『さいはての彼女』(原田マハ 著/角川文庫)よりー

全部、ご一緒に。

大好きなフレーズです。

tsugubooksでも、こういう場を持ちたいと思います。

本を片手に、おしゃべりしましょう。おいしいものを食べて、おいしいものを飲んで、たくさん笑いましょう。全部、ご一緒に。

 

こういう場を持てているだろうか。

わたしは偏屈で、人見知りも激しいけれど、でもまだあきらめたくない。

やっぱり、こういう場を持ちたい。

 

f:id:tsugubooks:20180416012801j:plain

『さいはての彼女』、ぜひ、出会っていただきたい本です。