tsugubooks

本をお届けする活動「間借り本屋」「私設図書室」のキロク。本屋旅のことも少し。

小屋ブンコで本の購入ができるようになりました!(@清澄白河・gift_lab GARAGE内)

小屋ブンコ、すこしリニューアルしました!

f:id:tsugubooks:20190316062830j:plain

小屋内の写真。

 

2018年2月、清澄白河のgift_lab GARAGEさんで、私設ライブラリー「小屋ブンコ」が始まりました。販売はなく店内閲覧のみで、まずはやってみようということになりました。 

本は、gift_さんとtsugubooksの本とを、少しずつ持ち寄って。
それまで一年間やってきた「小屋ローグ」の中で、みなさんから出た話にまつわる本が中心でした。

その後、小屋のまわりでは相変わらずいろんな人が交わって、言葉が行き交って、それにあわせてゆるゆると本を追加したり、削ったり、していきました。
本当にゆるゆると、ですけれども、そんなことをしながら、次どうするかを話しておりました。

 

そして2019年2月、本に値段をつけました。
今まで「ここの本、自分の興味に近くて…買いたいです。」と話してくださった方もいたとのこと、やっとお持ち帰りいただけます。

販売にあたり、できるだけ綺麗な状態の本を持って帰っていただきたく、「店内閲覧本」と「購入いただく本」を、明確に分けました(新刊のみ)。
閲覧できる本=tsugubooksの蔵書です。店内でお読みください。
その本を持って帰りたくなったら、後ろに置いてある(梱包されている)同タイトルの本を購入してください。こちらは、出版社から仕入れた新品です。

 

店内でジンジャーソーダー片手に本を閲覧したいという方も、お家でじっくり読みたいという方も、大歓迎です。小屋で、お待ちしています♪( ´▽`)

 

(余談ですが、値段を明記しただけでモノが「購入できるもの」という見え方になるということ、当たり前だけど驚きます。値段が書いていないと、多くの人は「購入できる」とは思わないのですよね。)


あ、最後にもう一つ。
実は一冊、初めてtsuguとして仕入れて並べた本があります。
その本は、Amazonには売っていません。大きなチェーン店にも小さなまちの本屋さんにもほぼ売っていません。
現在、全国でいくつか扱っている本屋さんがありますが、あとは人から人・お店からお客さんへ意思を持って伝えられ、手売りされてきた本です。
ある地域で20年以上も、まちを、ひとの心を、耕し育てつづけてきた家族の記録。

 

見本も置いているので、ぜひお手にとっていただけたら、少しでも読んでいただけたら、嬉しいです。