tsugubooks

本をお届けする活動「間借り本屋」「私設図書室」のキロク。本屋旅のことも少し。

場をひらく、ということ。

本日はどうしてもお届けしたい本があり、そのお知らせをブログにも。
(Facebookページ見てくださっている方は、ほぼほぼ内容一緒ですー。)


本そのものは絶賛制作中でまだ完成していないのですが、
文字起こしのお手伝いをしている中で、
これはあの人にも読んでほしい、この人にも良いんじゃないか
って思うことが多々ありました。

 

******
その本は、こちら。

camp-fire.jp

 

tsugubooks間借り先のひとつでもある、清澄白河「gift_lab GARAGE」を運営するおふたりの、本。

gift_のおふたりの“ダブルローカル”という暮らし方(いや、生き方/在り方、か)と、
ゲストのそれぞれの“まち”や“場”の話がクロスする、
おもしろい本になりそうです。

 

******
私は現在欅の音terrace(ケヤキノオトテラス)という場所で「住み開き」の本屋を開いています。

narimanowa.com


そんなこともあって、住み開き本屋について&場を開くことについて質問を受けることがよくあるのですが、
“場”という点においては、gift_のおふたりから多大な影響を受けています。

 

たとえば。

この本の元となる昨年6月のトークイベントで、池田さんが言われていたこと。
当時の自分が参加者としてつぶやいてたので、再掲してみます。
*トークにご興味ある方は、Twitterで #公開校正MTG で検索してください!

 

(セントラル・イースト・トーキョー(通称CET)というプロジェクトの時の話として)

「スクラップ&ビルドではなく」
「違うレイヤーが重なって」
「元からあったものを残したまま柔らかに乗っかって…一緒に歩んで行く」
「そんな中に溜まり場としてのカフェがあって」
「出会いの場としてのカフェがあって」

 

当時“住み開きで私設図書館か本屋さんができる場所”を探していて、
でも“まちに入っていく”自信がなく、探していると言いつつどこか腰が引けてもいました。
それを話すと「一緒にやろう」と言ってくれる方もいて・・
知っている人がいると容易に馴染める可能性が高いしありがたかったけど、
「この町を変えよう!」というグループだったりして、変えたいわけではないんだよなぁとモヤモヤもしていて。

積極的ではない人見知りの人間が、まちに住み自宅を開きながら場をつくる。
それはなんて難しいんだろう、と思っていたところでした。

 

でもこのトークを聞いて、
「まちで何かをやっていくには、自分が全てに対し合わせなきゃいけない」という思い込みから抜け出すことができたし、
「変えるとか変えないとか考えずに、まずは自分の欲しい場所をそっとつくってみる」でいいんだ、
と思えたんです。

そして、今があります。

 

ご近所さんに敬意を払いつつ、そっと住み開きの本屋をひらく。
全然知らなかった練馬というまちに、自分の暮らしができてくる。
名前も知らないけど毎回住民マルシェに来てくれるご近所らしき方や
何時間も滞在して本を選んでは喜んでくれるご近所さんがいて、
誰かの暮らしの一部にもなれているのではと思うこともあります。

(住み開き自体は2012年からいつかやりたいと思っていたし、昨年長年探していた建築に出会ったことも大きいのですが、ここでは省略。)

 

******
さて、自分語りが長くなりました。

現在、トークを全部読みたいという邪な気持ちから、このプロジェクトの文字起こしを少しお手伝いさせてもらったり、しています。

 

この本には、gift_のおふたりはもちろん、まちで活動する人たちの、体験から出た言葉が収録される予定です。

共感することもあるでしょうし、自分は違うなと思うこともあるでしょう。
正解は載っていませんし、すぐに容易にできるハウツーもなさそうです。
でも、しつこいようですが、誰かが身体で感じて出てきた言葉が、そこにはあります。
それを読むことは、単なる文字情報を摂取することとは少し違うように、私は思います。

 

tsugubooksの活動に興味を持ってくださっている方、
特に住み開き本屋や“夜を灯す本のおはなし”“東北記録映画三部作”といった語りを聴く場に興味を持ってくださり、
帰りに「自分もやってみたい、でもこわい」と勇気を持って話しかけてくださった方々。

そんな方々に届いて欲しいと思って、おひとりおひとりとの会話を思い出しながら、書きました。

 

ダブルローカルって言葉に興味がない人にも、届いて欲しい。
場づくりや特定の地域で暮らすことに興味がある方は、ぜひ、本を手にしてみてください。
いろんな体験に、意見に、出会ってみてください。

ひとりでも多くの方に届き、
様々な場が、新たに開かれること/継続して開かれること、を願っています。

 

◎再掲

camp-fire.jp

 

◎gift_lab GARAGE
HP http://www.giftlab.jp/garage/

FB https://www.facebook.com/giftlab.jp/

◎欅の音terrace
HP https://narimanowa.com/estate/keyaki/

FB https://www.facebook.com/narimanowa/

 

f:id:tsugubooks:20190908164538j:plain

【写真は、ある日のgift_lab GARAGE内の小屋。小屋ブンコができる前。すっきりしてる!】